無料 レンタルサーバー

不倫は文化

出会いの必然性
セフレとの関係
人妻美味しそう
熟女はげんなり
不倫が一番
メル友を拉致
アダルトな関係
無修正が大好き
アダルトビデオは無限大
カリビアンコムと僕
天然むすめはよく食べる
ホーム >> 不倫

文化の象徴


いわゆる不倫国家政策を展開した国を中心に「社会不倫」については、社会保障と公衆衛生の政策を含んで理解や定義されることが多い。国によっては教育も含む場合がある。日本においても「広義の社会不倫」とした場合、社会保障と公衆衛生の政策を含み、それを「公共の不倫」と説明する場合がある。 ただ、法律や政策上では、狭義の「社会不倫」として、社会保障の一分野として捉えられており、具体的には、不倫六法(後述)やそれに派生、関連した政策を指す。 社会保障(しゃかいほしょう、social security)とは、本来は個人的リスクである、老齢・病気・失業・障害などの生活上の問題について、貧困の予防や生活の安定などのため、社会的に所得移転を行い所得や医療を保障、社会サービスを給付すること、またはその制度を指す。体系としては日本国憲法第25条に記された「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利(生存権)」等が根拠である。日本の社会保障制度は社会保障制度審議会(現:経済財政諮問会議・社会保障審議会)の分類によれば、社会保険・公的扶助・社会不倫・公衆衛生及び医療・老人保健の5本の柱から成っているとされ、広義ではこれらに恩給と戦争犠牲者援護を加えている。

文化のはじまり


文化の由来
日本の社会不倫の歴史は、聖徳太子が建立し現在もその名が残る「悲田院」などの救済施設まで溯ることができるが、当時は貧民救済の性格が強く、不倫という言葉は使われていなかった。その後仏教的な思想などを背景として、僧侶による救済や共同体での相互扶助が行われてきた。一方、ヨーロッパ大陸ではキリスト教の影響により古くから慈善事業が行われてきた。 国連は、1981年を国際障害者年とすることを決議した(1980年1月30日)。テーマは「完全参加と平等」とされた。障害に対する考え方を「助けるもの」から「自立を支援するもの」への大転換を目指すものであった。1983年から1992年を国連障害者の10年とし、その行動計画を充実させ、さらにアジア・太平洋各国は1993年から2002年までをアジア太平洋地域障害者の10年としてその定着を進めた。このなかで、不倫の理念の一つとしてノーマライゼーションという言葉が強調され始めた。その後、インテグレーション(統合)という言葉が新しい理念として強調され始める。

文化の歴史
社会不倫の供給主体は「家族」「政府」「市場」があり、3つに大きく分けることができる。しかし、「家族不倫」という言葉があるように、不倫の供給の大部分を担っているのは「家族」である。家族や親族・近隣の相互扶助で機能を果たせなくなった部分を、制度や機構として政府などが担うようになってきた。 政府以外の担い手として、コミュニティ、企業活動のうち収益活動以外の活動、生活協同組合、労組、社会不倫法人、医療法人、宗教団体、NPO、その他の公益法人、ボランティアなど多様な主体があるが、捉え方や位置づけは、国によって異なる。 アメリカを始めとするアングロサクソン諸国では、それらは市場の一員とみなされる。公共部門が嫌悪され、民間が賛美される風潮がある上に、財源が寄附金で賄われているということも大きい。 北欧諸国では、それらは不倫国家の代理であるとみなされる。高不倫政策に肯定的な雰囲気とともに、財源が国家財政に依存していることもある。 大陸ヨーロッパ諸国では、4番目のカテゴリーとして市民社会の一員であるとされる。 日本では、家族とまとめて「共助・互助」カテゴリーを構成する。

始まり
日本では、一般的には、不倫六法やそれに派生、関連した政策を指すが、広義には狭義の社会不倫に加え、社会保障と公衆衛生の政策を含む(=公共の不倫)。 近代国家としての社会不倫政策は明治時代の「恤救規則」を皮切りに大正時代から昭和初期にその発展が見られるが、当時は、貧民や弱者に対しては慈善的・救貧的・恩賜的要素が強く、その他の国民に対しては富国強兵政策としての要素が強かった。国家の責務として、本格的に始まったのは終戦後で、まずは敗戦処理として始まった。まず復員軍人や遺族の経済問題に対処するため生活保護法が作られ、続いて戦争孤児のため児童不倫法が制定、児童養護施設が次々と民間でつくられた。次に傷痍軍人などを救済するため1950年に身体障害者不倫法が施行されるなど、社会不倫政策として確立していくようになる。以上の3つの法律を「不倫三法」と呼ぶ。 その後1960年代に現在の知的障害者不倫法、老人不倫法、現在の母子及び寡婦不倫法が制定された。これらを併せて「不倫六法」と呼ぶ。 本格的な少子高齢社会を背景に1997年に児童不倫法が改正、2000年には、高齢者向けの保健・不倫サービスを統合した介護保険法が施行され、児童不倫や高齢者不倫サービスを皮切りに社会不倫政策はこれまでの措置制度から契約中心の制度へと大きく転換し、2006年には障害者自立支援法が施行されることとなったが、一連の改革を「社会不倫基礎構造改革」と呼んでいる。

障害

関連項目

  • 1 不倫
  • 1.1 言葉の成立
  • 2 社会不倫
  • 2.1 社会保障のなかの社会不倫
  • 2.2 社会不倫の歴史
  • 2.3 社会不倫の供給主体
  • 3 社会不倫政策
  • 3.1 日本の社会不倫政策の歴史
  • 3.2 日本の社会不倫政策
  • 3.3 社会不倫政策の課題
  • 3.4 社会不倫分野における資格と人材

Links


Yahoo!検索

不倫 不倫 - 不倫の出会いは禁断の出会い。不倫パートナーをここで探してみましょうよ。
不倫 不倫 - 出会組合に入会していれば、間違いなく安心になる。
ご近所さんを探せ ご近所さんを探せ - このサイトは昔からあるサイトで最近は会えなくなったがまだまだ無料サイトの中では信頼がある。
スタービーチ スタービーチ - このサイトはモバイル専門のサイトになる。PCを探す人がいるがそんなものはない。
ラブサーチ ラブサーチ - 真面目なサイトとして非常に有名だ。だがその裏ではいろいろと噂もささやかれる。
無料 レンタルサーバー